0111月2020

Kelly and Buzz

2012年 3月20日(火)

In addition to our visual petition of pets protesting the treatment of the animals left behind in Fukushima (which we have been sending to government officials since October), we began this traditional petition, we had hoped for 2000 signatures, we were fortunate to have the 3.11 Japan Animal Rescue Groups admin collect 250 signatures at a March 11th event, and we are thrilled to announce we are thus far at 3335 signatures in total. Thank you so much. We sent the first round of signatures last week, the next round of signatures will be hand delivered tomorrow. Thank you once again.

私たちは、福島の動物たちの対策に抗議するペットのビジュアルな嘆願(私たちは昨年10月から政府に送っています。)に加えて従来の嘆願を開始しました。
私たちは、2,000人の書名を希望していました。
ここまで全体で3,350人の書名を発表できることにワクワクしています。
本当にどうもありあがとう。
私たちは、最初の書名を先週届けました。
次の書名は明日届ける予定です。
もう一度皆さんありがとうございます。

The Japan Ministry of Environment (MOE) 誰に:日本環境庁: Allowing private groups to rescue animals 個人動物救助隊への保護許可要求。

 


This news article discusses the work of various animal shelters and the struggle of keeping a shelter afloat and finding new pet parents for those who are still displaced from the nuclear disaster. Many animals only wish they could be in a shelter, instead they remain in the 20 km zone, fending for themselves, for 332 days, 15 hours and 32 minutes.

このニュース記事は、さまざまなシェルターの活動とシェルターの活動を維持するための財政的な闘い、核災害から移動された動物たちの新しい里親を探しについて述べています。
多くの動物たちは、20km圏内に残るよりシェルターにいることができることを願っています。
彼らは、322日と16時間32分の間自分たちで生活をしています。

Citizen groups fight to save displaced pets

 

Read 1718 times