0111月2020

Kelly and Buzz

2012年 3月12日(月)

The Fukushima Animal Disaster of 2011 became catastrophic as the GOJ shut down the area from 0k-20km zone in mid April with thousands of animals still inside. Our second video followed the private and volunteer animal rescuers who kept feeding the animals and rescuing against all odds. It is because of them that today animals are still alive.

2011年の福島の動物たちの災害は、日本政府が4月中旬に半径20kmの区域を何千もの動物たちを区域内に残したまま閉鎖をしたために最悪の事態になりました。
私たちの2番目のビデオは、困難にもかかわらず動物たちに食べ物を供給し続け、そして救助した個人及びボランティアの救助グループの紹介をしています。
今日、動物たちがまだ生きているのは彼らの行動のおかげです。

2011年3月11日午後2時46分 Fukushima

 


As we commemorate the One Year Annivesary of the Japan Disaster, we take you back to our first video showing the animal situation in March to April, 2011 when the animal rescue groups worked tirelessly to save the Animals Left Behind. We thank the animal rescuers for saving animal lives!

日本の大震災から1年がたち
私たちは皆さんへ最初のビデオを振り返ってみていただきたいとおもいます。
2011年の3付から4月の動物救助グループの残された動物たちを救うための疲れを知らない活動の記録です。
私たちは、動物救助グループが動物たちの命を救ったことに感謝をします。

Fukushima, Save The Animals Left Behind

 

Read 1760 times